去る2014年12月24日に行われた第6回演奏会にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

この場を借りて、深く御礼申し上げます。

そして、いよいよ、第7回演奏会に向け本格始動致します!乞うご期待!


<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
第4回目【チラシは語る 繊屬修量襦¬ね茲魍栖峺る」に込めた想い〜 】
JUGEMテーマ:オーケストラ

今日は、私「ナナシのヒト」も久々の休日で、演奏会に行ったり都内を散策したり、一日楽しむことができました。

ホテルニューオータニ

これは、四ツ谷駅から上智大学の横を通りホテルニューオータニの前まで歩いた時に撮ったものです。
ちょうど時間も夕刻で、電飾の施された木々はとても綺麗でした。
もうすっかりイルミネーションが似合う季節になりましたね。一年は早いものです。

年初めに、「今年はこれを目標にしよう!」と意気込んで決めたことのなかで、
どれくらいの目標を達成、もしくは遂行できているでしょうか?

決めたことを確実にこなしていくことは、とても難しいとこですよね。
「言うは易し、行うは難し」

しかし、「継続は力なり」です。
継続して、なんとかもがきながらも歩みを止めず進むことは、とても大事なことだと思います。

さて、なぜこんな話をしているかというと、
本日公開した第5回演奏会のチラシの写真に込められた思いもまた、同じようなことが言えるからです。


<チラシは語る  繊屬修量襦¬ね茲魍栖峺る」に込めた想い〜>

第5回チラシ1

第5回チラシ2

今回の第5回演奏会のキャッチフレーズは
「その夜、未来を垣間見る」です。

こちらを語る前に、まず前提であるナナシオーケストラの目指す演奏会の在り方をおさらいしたいと思います。第1回目の記事にも記載しましたが、改めて記載します。

〜ナナシオーケストラの目指す演奏会〜

「創り上げた音楽を聴衆の皆様にお届けし、真の価値ある芸術を目指す。
聴衆や演奏者自身が楽しめていないのに『そういうものなんだろう』と、
半ば諦めに似た印象を持たれてしまう演奏会ではなく、
心の底から満たされる、会場にいる全ての人がHappyになれる演奏会を
創ること。
これが、ナナシオーケストラの目指す演奏会の在り方です。」


ナナシオーケストラが進化していく過程のあくまで通過点には過ぎないですが、まず目指すべき地点はここにあると考えています。

「これを実現するためにはどうしたらいいか。」
演奏者サイドも運営サイドも、一丸となってこの難題に挑まなくてはいけません。

この難題に挑む中で、私たちはひとつのルールを決めました。
それは「この部分に関してゴールを定めない。」ということです。

ゴールを決めて、万が一「満足」してしまった場合、その先に待っているのは惰性であると考えるからです。

私たちは止まることなく、進化していかなくてはいけません。


しかし、それは苦難の道です。ゴールを決めないからこそ行き先を見失いやすく迷いやすいからです。

例えるなら、
闇夜の中でも朝が来るのを信じて歩み続け、心の中にまだ見ることのない朝日の姿を思い浮かべている状態。
まさに暗中模索です。

でも、明けない夜がないように、
いつかは、朝日を見ることができるでしょう。

当然、今のナナシオーケストラはまだまだ朝日を見るには早い。まだまだです。

生きている間に見ることができるのかも全く分からないこの朝日。
でも、頑張ればその一端を垣間見るとこはできるかもしれません。

今回の第5回演奏会は「復活」です。
わかる人にはわかると思いますが、選曲からして、これは挑戦です。

この挑戦の先に何があるのか。
何があるかはわかりませんが、それは確実に未来への道を示してくれる一筋の光になると信じています。

2月26日の夜、杉並公会堂にいる全ての人がその一端を目撃する。

失敗から学び、どんな逆境でも諦めずに、いつか見れる朝日を信じて、みんなが「happy」になれる演奏会を目指す。

それがこのチラシの写真に込められた意味です。

※第3回目の記事の最後でお伝えしていた、代表のインタビュー記事ですが、若干遅れております。。。
申し訳ございません。こちらのインタビュー記事は予定より遅れてしまうと思いますがご了承ください。


P.S.

最後に、この素晴らしいチラシをデザインした、デザイン担当の野崎さん。
本当にお疲れ様でした。このチラシは素晴らしいと思います。
この場を借りて御礼申し上げます。

by ナナシのヒト
2013.11.23 Saturday *** ナンバー記事 / 20:40 / comments(1) / -


Comments
このチラシの「その夜、未来を垣間見る」の縦書きの文字が一瞬十字架に見えてドキっとしました。

復活の歌詞に込められたマーラーの熱く深い思いが、ナナシオーケストラの未来への思いと重なります。

ナナシオーケストラの未来に期待をしています。
Naomi / 2013/11/23 9:39 PM
POST A COMMENT









ナナシオーケストラ 過去の演奏会 出演者紹介!
ご協力団体様、ご協力企業様、ご紹介
外部リンク






丸の内合唱団
第5回演奏会ご協力団体


ランキングに参加しています。よろしければご協力お願いいたします。(一日一回バナーにタッチ!)

音楽ブログランキング




ブログ王ランキングに参加中!


ノンジャンル(音楽以外)の外部リンクです。リンク募集中!
グーグルアドセンス攻略/美容皮膚科医師求人/メンズファッション通販/●リンク/

Categories
Archives
Comments
  • 第4回目【チラシは語る 繊屬修量襦¬ね茲魍栖峺る」に込めた想い〜 】
    Naomi (11/23)
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.